プログラムの設定

Time-Lapse Toolソフトウェアにはグローバル設定がいくつかありますが、これによりプログラムとのやり取りがスムーズになり、タイムラプス動画を早く作成できるようになります。プログラムの設定ダイアログでは以下のオプションが表示されます:

  • 言語ドロップダウンからアプリケーションのUIの言語を選択できます。
  • 最近のプロジェクトプロジェクトの開始画面に表示される最近のプロジェクトの数を調節します。
  • 画像のプレキャッシュはドライブをスキャンして画像を探し、画像のメタデータ(サイズや作成時間、サムネイルなど)を保存して、以後の処理をスピードアップできるように設定します。Time-Lapse Toolは現在選択されているフォルダに関するそのようなデータを保存しますが、Time-Lapse Toolを頻繁に使用する場合は、予めキャッシュしておくことで以後ディスクとの入出力が大幅に減少します。
  • 更新をチェックチェックボックスは、アプリケーションのスタートアップの際にアップデートの有無をチェックするという意味になります。今すぐアップデートをチェックボタンは、今すぐにアップデートのチェックを開始します。
  • 既定のアスペクト比は新しいプロジェクトの既定のアスペクト比を定義します。
  • 最大オーディオフェードでは、最大フェード値が30秒では足りない場合に、この値を上げることができます。
Time-Lapse Toolプログラム設定ダイアログ

タイムラプス動画のパブリッシュ  ヘルプ  インストール