プロジェクトに画像を追加

インポート画面ではあなたのタイムラプス動画プロジェクトに画像を追加できます。この画面は、プロジェクトで使いたい画像の場所をすぐに見つけられるように、あなたのPCドライブやフォルダを簡単に移動できるようにデザインされています。

ビューの左の部分にはフォルダのツリーが表示されています。画面の中央に、選択されたフォルダの中で利用できる画像が表示されます。全ての画像は様々な条件に基づいて自動的にセットにグループ化されます。画面の右には、画像の条件を調節するために使える数々の設定が用意されています。

各セットのヘッダーにはセットの一般情報が書かれており、以下が含まれます:

  • シーケンス内のフレーム数
  • フレームがキャプチャされた時のインタバル
  • 画像のサイズ

サポートされる画像フォーマット

Time-Lapse Toolは以下の画像フォーマットをインポートします:

  • JPEG
  • PNG
  • BMP
  • GIF (シングルフレームのみ)

メモ: 弊社のタイムラプスソフトウェアでは、現在RAWファイルフォーマットはまだサポートされていません。

画像をTime-Lapse Tool動画プロジェクトにインポートします。
Time-Lapse Tool画像インポートの設定

インポートの設定

既定の設定を使用して、選択されたフォルダ内の全ての画像が1つのセットにグループ化されます。

さらに、サブフォルダチェックボックスにチェックを入れると、サブフォルダの画像もセットに追加できます。このオプションを使うと、各セットの主な画像のサムネイルが表示されるため、画像セットの場所を簡単に見つけることができます。

タイムスプリットスライダーにより、撮影の間のインタバルを使用して静止画像を簡単にグループ化できます。設定の一番低い値である(なし)は、ソフトウェアに全ての画像を1つのセットにグループ化するよう指示します。スライダーを高い位置に移動させると、静止画像は作成された時間に基づいて分割されるようになります。2つの連続した静止写真の間のインタバルが長過ぎると、別の画像セットが開始されます。

メモ: 2つの画像のサイズが異なる場合、タイム分割モードで別々のセットにグループ分けされます。

目的のシーケンスのフレーム数が分かっている場合は、最小フレーム数スライダーを調節してそのフレーム数より少ない数の画像が含まれているセットをフィルターして除外することができます。

サブフォルダオプションを使うと、選択されたフォルダのサブフォルダの構造が深く、大量の画像が含まれている場合、処理時間が大幅に増えることになります。

タイムスプリットスライダーがなしの状態から移動されている場合、ソフトウェアは各画像ファイルの撮影時間と処理するサイズを解析します。解析した結果がキャッシュされる場合も、最初のフォルダにアクセスするにはかなりの時間を要することがあります。

影響を受ける画像をセットに分割するのにかなりの時間がかかる場合、進捗インジケータが表示されます。しかし、インジケータが表示されていても、設定されたフィルター条件の調節やインポートのキャンセルも可能です。

タイムラプスプロジェクトに画像セットを追加するには、シーケンスの中央にある画像を1枚選択してシーケンスとしてインポートをクリックします。

また、一連のセットを選択する場合は、Ctrl+クリック を使用して複数のセットを選択でき、それらを一度にプロジェクトにインポートできます。選択された各セットは別々のシーケンスとしてプロジェクトに追加されます。

Time-Lapse Toolが画像をインポート画像に読み込んでいるビュー

インポートのヒントとメモ

  • 取り外し可能なドライブはこのツリーには表示されません。プロジェクトに追加したい画像がUSBスティックまたはカードリーダーにある場合、これらのファイルを先にコンピュータのハードドライブにコピーしておく必要があります。その後、転送された画像をハードドライブからプロジェクトにインポートしてください。
  • タイムラプスメーカーは、ツリー内のフォルダの選択を変更した場合や、何らかのインポート設定を調節した場合に、利用可能な画像のリストをリフレッシュします。
  • 各フォルダ内の画像は、他の分割条件が適用される前はファイル名の順に並べられています。しかし、順序には画像の「インデックス」も考慮に入れられています。インデックスとは画像のファイル名の末尾にある数字を指します。これによりWindowsがカメラからフォルダにインポートする画像を効果的に分類することができます。例えば、画像は数字の順番に分類されます(例、image_001.jpg、image_002.jpg、... image_999.jpg、image_1000.jpg、など)。
  • プログラムはセットに関係なく小さい画像(8192バイト未満)は無視します。

プロジェクト  ヘルプ  動画のエフェクト