タイムラプス動画プロジェクト

Time-Lapse Toolソフトウェアはあなたのユーザーエクスペリエンスをシンプルなものにして、タイムラプス動画作成に必要な労力を最小限にできるようデザインされました。しかし、このアプリケーションは他にも比較的複雑なタイムラプス動画作成のチャンスも与えてくれるのです。別々のFPSレートを持つ複数の画像シーケンスを混ぜて、画像に魅力的なエフェクトを適用し、オーディオトラックを追加してプロジェクトを引き立てることができます。このようなタイプの動画を作成するには、全てのパーツをまとめるために時間が必要です。このソフトウェアを使用すれば、あなたが作成する作品はプロジェクトファイルとしていつでも保存することができます。プロジェクトファイルには画像ファイルへのリファレンスやFPSレート、各シーケンスのエフェクト設定、またプロジェクト名や説明といったメタ情報などが保存されています。

最近保存されたプロジェクトがタイムラプスソフトウェアのスタートアップ画面上に表示され、そのプロジェクトのアイコンを1回クリックするだけでプロジェクトの作業を継続できます。

Time-Lapse Toolウェルカムビュー
Time-Lapse Tool動画プロジェクトの設定

プロジェクトの設定

この例では、プロジェクト設定の一部として動画のアスペクト比を調節します。選択されたアスペクト比が入力された画像のアスペクト比に一致しない場合は、動画に黒いバーが挿入されます。仕上がった動画に黒いバーが入らないようにするには、クロップチェックボックスをクリックしてください。

タイムラプス動画に関する追加情報をプロジェクトファイルに保存して、後にエクスポートする際に属性として動画に加えることができます。プロジェクトファイルには以下の情報が保存されます:

  • プロジェクト名 プロジェクト名を定義します
  • 説明 プロジェクトに関する詳細が含まれています
  • キーワード 生成されたタイムラプス動画のキーワードのリストを追加します
  • 作成者 動画プロジェクトの作成者を定義します

デモプロジェクト

Time-Lapse Toolでは、アプリケーションをインストールした直後に、サーバーからデモプロジェクトをダウンロードできます。デモプロジェクトではエフェクトの設定、単独の画像シーケンス、およびウォーターマークエフェクトの使い方を示します。

Time-Lapse Toolデモプロジェクト付きのウェルカムビュー

デモプロジェクトファイルは、コンピュータの「ドキュメント」フォルダ内の Time-Lapse Tool Demos サブフォルダに保存されます。デモフォルダはいつでも削除することができ、プログラムの機能性には影響ありません。


メインウィンドウ  ヘルプ  写真のインポート